忠臣蔵、赤穂四十七士、赤穂浪士、大石内蔵助、吉良上野介、元禄時代、徳川綱吉の本,歴史小説,歴史書,関連書籍の紹介,評価,安売り価格、研究書、解説書、古書です。そのほか、新刊、新書、中古本、古書があります。また、書籍案内、紹介、読書感想、レビュー、評価,批評,比較、良書、おすすめ、推薦本、推薦図書もあります。  

忠臣蔵、赤穂浪士、大石内蔵助の本,歴史小説,歴史書,関連書籍の紹介,評価,安売り価格


忠臣蔵、赤穂浪士、大石内蔵助
忠臣蔵の起源 (幻冬舎ルネッサンス新書)

新品価格 ¥ 880

中古価格 ¥ 750 残り3個

発売元:幻冬舎  発売日:2019-12-12
  

忠臣蔵、赤穂浪士、大石内蔵助
東大教授がおしえる 忠臣蔵図鑑

新品価格 ¥ 1,760

中古価格 ¥ 1,098 残り5個

発売元:二見書房  発売日:2019-11-26
  

忠臣蔵、赤穂浪士、大石内蔵助
決算! 忠臣蔵 (新潮文庫)

新品価格 ¥ 605

中古価格 ¥ 195

発売元:新潮社  発売日:2019-09-28
  

忠臣蔵、赤穂浪士、大石内蔵助
危機を突破するリーダーの器 (青春新書インテリジェンス)

新品価格 ¥ 1,012

中古価格 ¥ 93

発売元:青春出版社  発売日:2016-01-07
  

忠臣蔵、赤穂浪士、大石内蔵助
江戸人物伝 大石内蔵助 (コミック版日本の歴史)

新品価格 ¥ 1,100

中古価格 ¥ 640 残り8個

発売元:ポプラ社  発売日:2014-12-19
  

内容(「BOOK」データベースより) 
「忠臣蔵」の主役が登場!赤穂浪士を率いて主君の無念を晴らす!!

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より) 
加来/耕三 歴史家・作家。
1958年、大阪府大阪市生まれ。
1981年、奈良大学文学部史学科卒業。
テレビ・ラジオ番組の監修・出演も行う 静霞/薫 小説家・評論家。
現在は、滋慶学園グループ名誉教育顧問として、大阪コミュニケーションアート専門学校・東京コミュニケーションアート専門学校・名古屋コミュニケーションアート専門学校・福岡デザインコミュニケーション専門学校・仙台コミュニケーションアート専門学校などで、マンガ科・小説科の学生指導にあたっている 藤科/遥市 1989年、愛知県名古屋市生まれ。
2011年、名古屋コミュニケーションアート専門学校卒業。

忠臣蔵、赤穂浪士、大石内蔵助
不忠臣蔵 (集英社文庫)

新品価格 ¥ 836

中古価格 ¥ 438

発売元:集英社  発売日:2012-12-14
  

忠臣蔵、赤穂浪士、大石内蔵助
「忠臣蔵」の決算書 ((新潮新書))

新品価格 ¥ 814

中古価格 ¥ 103

発売元:新潮社  発売日:2012-11-01
  

赤穂藩お取潰しの清算から、資金が尽きかけるギリギリのタイミングだった討ち入りまで 評価
「たかがお金であるが、お金が尽きて失敗するプロジェクトは、古今東西にいくらでも例がある...(中略)...藩の財産を処分したあと、約700両のお金を残し、これを適切に管理して使い、立場も考えもさまざまに異なる多数の同志を足かけ2年の長期に亘って統制した内蔵助の力量は、あらためて高く評価されるべきものである」。
討ち入り前に大石内蔵助がまとめて納めていた『金銀請払帳』をベースにし、それに『赤江見聞録』などの記載を照らし合わせて、忠臣蔵成功の秘密を資金の確保とその使途から解説した本である。
この2年越しのプロジェクトのために確保されたお金は菩提を弔う費用も含めて約700両。

忠臣蔵まるごとHow much? 評価
本書は、赤穂事件の記録のうち金銭に関わる部分に焦点を当てたもの。
著者らしい平明な解説なので、赤穂事件に詳しくない人でも読める内容となっている。
逆に言えば、忠臣蔵好きには新たな逸話や解釈が登場するわけでもなく、赤穂事件に深まりを持たせるものでもない。
しかし、そういう俗説・お話の類は、他にいくらもあるので、本書にそんなものを期待する方が間違いと予め言っておく。
時代劇等では、窮乏していく下級浪士や江戸組の苦労は、中盤の場面には欠かせない。
本書を読むと、その困り具合が定量的に分かって来る。
また、個々の浪士の窮乏とは別に、大石が預かる資金はプロジェクト予算とでもいうべき規模があり、メンタルな想いだけでは討ち入りが成就出来なかったこと、大石の計画性等を客観的に理解することが出来る。

忠臣蔵、赤穂浪士、大石内蔵助
新装版 大石内蔵助 (上) おれの足音 (文春文庫)

新品価格 ¥ 765

中古価格 ¥ 156

発売元:文藝春秋  発売日:2011-11-10
  

ひるあんどん 評価
忠臣蔵で有名な大石内蔵助が主人公の物語。
上巻は大石内蔵助が18歳の青春時代から、祖父の後を継いで国家老となって、結婚し長男も産まれ、まずまず国家老としてうまくやっているところまでです。
内蔵助が普段はぼうっとしていて、なおかつ女好きの人物として描かれています。
でもどこか大物っぷりを持っていて、まわりの人からも好人物と見られています。
池波正太郎が描く大石内蔵助という人物は、普段はぼうっとしていても、世情にたけていていざというときに頼りになります。
こういう人物像は、中年のおじさん層から見て格好いいヒーローなんじゃないかなと思います。

忠臣蔵、赤穂浪士、大石内蔵助
おれの足音 大石内蔵助・まぼろしの城・その男 (完本 池波正太郎大成 第10巻)



中古価格 ¥ 1,628

発売元:講談社  発売日:1999-12-14
  

忠臣蔵、赤穂浪士、大石内蔵助
大石内蔵助―赤穂四十七士 (講談社 火の鳥伝記文庫)



中古価格 ¥ 430 残り5個

発売元:講談社  発売日:1998-11-15
  

忠臣蔵、赤穂浪士、大石内蔵助
大石内蔵助 (フォア文庫)



中古価格 ¥ 1 残り8個

発売元:岩崎書店  発売日:1998-10
  

忠臣蔵、赤穂浪士、大石内蔵助
大石内蔵助の生涯―真説・忠臣蔵



中古価格 ¥ 291

発売元:三五館  発売日:1998-08
  

忠臣蔵、赤穂浪士、大石内蔵助
新編忠臣蔵(一) (吉川英治歴史時代文庫)

新品価格 ¥ 814

中古価格 ¥ 129

発売元:講談社  発売日:1990-10-04
  

丁寧でわかりやすい忠臣蔵 評価
例えば、吉良上野介に対する江戸での風評と領地三河での地元民の敬愛ぶりを並置で示すなど、視点が柔軟であり、たいへんに読みやすい忠臣蔵です。
冒頭、浅野内匠頭と正室阿久利(後の瑤泉院)の愛情に満ちた豊かで静かな光景と、吉良に対する怒りの対比から一気に物語に引き込まれます。
大作家たるゆえんだと感じました。

忠臣蔵、赤穂浪士、大石内蔵助
元禄忠臣蔵〈上〉 (岩波文庫)

新品価格 ¥ 882

中古価格 ¥ 20

発売元:岩波書店  発売日:1982-08-16
  

松の廊下の刃傷シーンも、吉良邸の討ち入りシーンも台詞のみでわからせる 評価
元禄忠臣蔵は、新歌舞伎の演目。
同年には、溝口健二監督で映画化もされた。
劇の構成、筋立て、人物造形の素形はすべてこの中に入っていると判断してよいだろう。
第1編 『江戸城の刃傷』第2編 『第二の使者』第3編 『最後の大評定』第4編 『伏見撞木町』第5編 『御浜御殿綱豊卿』第6編 『南部坂雪の別れ』第7編 『吉良屋敷裏門』第8編 『泉岳寺』第9編 『仙石屋敷』※下の巻・『十八ヶ条申開き』第10編 『大石最後の一日』

忠臣蔵がこれほど面白かったとは・・・ 評価
娯楽の少なかった頃にウケた復讐の時代劇。
浅野内匠頭上、吉良上野介、大石内蔵介といった登場人物その程度の知識しかなく、知人の薦めで始めて全体を知る事ができました。
大石内蔵介がいかに忠義に厚く、また知謀に長けていたか。
また、討ち入りへの思いや、四十七士の言動には、目頭が熱くなるような場面も多々ありました。






PART_SPRAY_LINK

ホーム:ホビー・リンク Version:PART_PAGE_VERSION